DVD買取比較ランキング 最新版

DVDの高価買取店をランキング形式で紹介!

買取店で売れるDVDは?

DVDをいざ買取に出そうと思っても、中には買取できないDVDもあります。まずは、自分の買取に出したいDVDが買取不可のものに当てはまっていないか確認してみましょう。

買取に出せないDVD

問題なく視聴できる正規品が前提

DVDでも、DVDのコピーや、法に引っかかってしまうような海賊版などのDVD、サンプルDVDなどの既製品ではないDVDは買取に出すことができません。


また、再生に支障が出るような傷やヒビ割れがディスクに入ってしまっているものは買取不可とされてしまいます。

ケース・ディスクは綺麗な取扱いを!

問題なく再生ができる程度の軽い傷や、指紋などは可能であれば買取前には綺麗にクリーニングしておいた方が高価買取に繋がります

このような時のためにも、日ごろからDVDの扱いに気を配っておいた方が、買取に出したいと思ったときに楽です。


また、DVDのケースを紛失してしまった場合は、買取拒否もしくは査定額が減額される可能性があるので、見終わったDVDはきちんと元のケースにしまっておくように習慣づけておいた方が良いでしょう。

少し特殊なDVDの買取

付属・特典などのDVDを売る際は

普通に販売されている一般DVDの他に、アニメ・ゲーム等の雑誌の付録のDVD、店舗販売・通販の特典DVD、限定版の付属DVD、輸入DVDなど、様々なものがあります。


これはお店によって買取可能な場合と不可な場合があるので買取店を利用する場合は、事前に確認をしておきましょう。


また、DVDの付録が付属していた雑誌本体などは、一緒に買取に出すと査定額が上がる可能性もあります。

レンタル落ちのDVDは買取可能なのか?

レンタルショップなどで扱われているレンタル専用のDVD(レンタル落ち)も、お店によって買取の可否が異なります。

しかし、レンタルショップで売っている中古のDVDなどはほとんどレンタル落ちとなり、一般販売されているDVDとの見分けはつきにくいです。


レンタル落ちは、パッケージにレンタル専用と書いてあるか、パッケージかDVDのどちらかにシールが貼ってあります。

シールはドライヤーの熱などではがれやすくなるので、買取に出す前に綺麗にしておく方が良いでしょう。

PAGE TOP